【Amazon輸出】インボイス見せて!急に言われてテンパらない業界マナー

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

普通のインボイスとコマーシャルインボイスは何が違うのか?

 

クーリエなどの運送会社に荷物を送りたい旨を伝えると、まず「インボイスを確認させてください。」と言われる事があります。

これはInvoiceにCommercialのチェックを入れた用紙なのか、“Commercial  Invoice”と記載されている用紙なのか、『あれ?どっちだろう』と思いませんか?

ひとえにインボイスといっても色々なインボイスが存在します。

そこで、今回は存在するインボイスを分けて解説して行きたいと思います。

コマーシャルインボイス(Commercial Invoice)

 

コマーシャルインボイスとは、恐らく最も多く使われてるんじゃないかな?ってぐらいのインボイス中のインボイスです。

日本では、正式には『商業送り状』と呼ばれます。

日本では取引時に請求書を発行したりされたりしますが、このコマーシャルインボイスもそのような請求書と同じような役割を果たしています。

また、輸出貨物の全ての情報(※品目・価格・数量・買主[受取人]など)が記載された明細書としても認識して頂いて大丈夫です。

その為、輸出入品目を証明する書類として表現される事が多いです。

使うタイミングとしては、売買成立前や輸出入通関時などがメインですね。

ちなみに、サンプル品の発送などの無償取引の場合でも、コマーシャルインボイスを利用すれば問題ありません。

そういった際には、NO COMMERCIAL VALUEと記載しておきましょう。

商業送り状と言うと聞こえが硬く、無償取引とはかけ離れたイメージを抱くかも知れませんが、それはそれと飲み込んでください。

以上のように、インボイス中のインボイスであるこの書類は、基本的に全ての貿易取引において必要だという認識を持っておきましょう。

 

シッピングインボイス(Shipping Invoice)

 

船積みなどの輸送に利用されるインボイスです。

正式には『商業送り状』と呼ばれ、日本で利用される納品書に近い存在です。

基本的に、物品を転送するために使われるインボイスです。

場合によっては銀行などの決済で使えない事があるので、基本的には通常のインボイスかコマーシャル・インボイスの方が良い場合があります。

 

プロフォルマインボイス(Proforma Invoice)

 

Proformaプロフォルマ(プロフォーマ)は仮という意味で、見積り用のインボイスを意味します。

銀行口座を記載する事で請求書の役割も果たします。

 

見積もり書なので、通関で使用したり、商工会議所の公的な証明(査証)を受けることは出来ません。

 

カスタムズインボイス(Customs Invoice)

 

これは、税関申告用のインボイスです。

正式には『税関送り状』と呼ばれ、このインボイスによって課税価格が決定します。

シッピングインボイスまたはコマーシャルインボイスと同様に扱う事も可能です。

 

コンシュラーインボイス(Consular Invoice)

 

LC取引で使われる大使館が認証したインボイスです。

商工会議所インボイス証明と合わせ、開発国向けの取引において大使館の認証を要求される場合に使われます。

 

まとめ

 

一通り書いたら長くなってしまいましたが、amazon輸出で使うインボイスはコマーシャルインボイス(Commercial  Invoice)になります。

日本郵便のサービスを利用する場合は、EMSの伝票に付属しているinvoice。

国際郵便マイレージサービスを利用の場合は自動的にプリントされるinvoiceでOKです。

その他、運送会社によってinvoiceのフォーマットが異なりますが、互換性はわりとあるようです。

しかし、まずはその運送会社のカスタマーサポートに問い合わせて、自前のinvoiceフォーマットで問題無いか確認します。

運送会社がフォーマットの変更を求める場合、PDFなどで別のフォーマットを送信してくれます。

分からない事はとりあえずカスタマーサポートに聞いてみる。

それが一番早いです。

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です