【Amazon輸出】お客様へ商品が届かない!祈る以外の対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

日本から出荷した商品が未着の場合

お客さんへ商品を発送したのに、一向に届かない。

そんな日本国内では珍しいと思える事態も、国が違えば話は別です。

日本の郵便局で発送したからといって、日本人の郵便局員が最後まで面倒を見てくれる訳ではないので、安心したらいけません。

私の可愛い商品達は、リレーで使われるバトンのように次々と文化の違う異国の配達員の手に渡り、あられもない姿に成り変わって、最終的に行き場をなくして途方に暮れている。

そんな風にイメージトレーニングされておいた方がトラブル時に気が楽かも知れません。

つまり、商品の未着問題は、アマゾン輸出でもebay輸出でも、SAL便だろうがEMSだろうが、ある程度の確率で必ず起こる避けて通れぬ道という事です。

このような事態が起きてしまった場合、まず重要なのは相手の要望を確認する事です。

即座に返金する場合

 

amazonの予想配送時期を過ぎてしまい、お客様から『遅え!Fu○k you!もういらねえ!』などのご要望を承る事があります。

この場合は射殺されぬよう迅速に返金手続きを行います。

 

手順は以下の通りです。

Refund orderを選びます。

Seller Central

 

返金理由に『Delivered Late by Carrier』を選び、そして、FULL Refundを選びます。

Manage Orders Amazon Seller Central

これで迅速に返金が完了するので、ショップの評価もそれほど痛むことは無いでしょう。

 

しかし、これで終わっては荷物がお客さんの元へ届いてしまうので、お客様のお怒りをお鎮めするどころか、苛立つお記憶を思い出させてしまう事があります。

そこで、ちゃんと発送元へ戻るように調査請求書を郵便局に提出します。

 

調査請求書のダウンロードはこちらから

 

記入例を参考にしながら入力し、最後の青丸の箇所を【the sender ご依頼主様】に返送されるよう記載して郵便局に提出します。

q0118

 

 

お客様が商品をまだ求めている場合

 

お客様から未着のクレームがあり、困っているものの『やはり商品が欲しい!』という場合です。

先ほどと同じように調査請求書を作成します。

q18

 

EMSの場合は調査請求書のフォーマットが異なります。

地域の郵便局に確認すると、記入サンプルと記入例が渡されると思います。

EMS 調査請求書

 

*EMSの場合、未着での送り主に返送はありません。

□未着 □遅延 □配達証請求

などの項目があるのみです。

 

さいごに

このような商品が届かない問題への対応で一番大事なことは、お客様とのコミュニケーションです。

『私達は最善のサービスをあなたに提供しました。』

『郵便調査も開始しています。調査請求書をご覧ください!』

などと伝え、調査請求書のスキャンをメッセージで添付すれば、お客様も我々セラー側も安心して眠れる夜が迎えられると思えるはずです。きっと。

Contact Customer Amazon Seller Central

 

こういったやり取りはなるべく迅速に進めて、自分のアカウントが傷まないように努力して行きましょう。

 

注意:調査請求は追跡番号が付いている荷物でなければ意味がありません。(※先に言えよ!)

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です