【Amazon輸出】アマゾン輸出を行うメリットと顧客目線とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

【Amazon輸出】アマゾン輸出を行うメリットと顧客目線とは?

業界に染まると、その業界の特色が見えて来ることがあります。私は以前、カー用品店のスタッフをしていた事がありました。お客さんから「■▲メーカーの***車用のシートカバーが欲しい!」と言われたら、商社さんへ電話して商品を取り寄せたり、メーカーに確認作業を行っていました。

販売スタッフとしてお店に居るということは、自ずと原価表なども確認する事が出来ます。特にバッテリー類は40%前後の利益を乗せていました。理由はカンタン。バッテリーを欲しいお客様というのは、現在ひっ迫した状況であるという事です。

「いやぁ~、今日はバッテリー換えたい気分だな。換えちゃおっかな♪」なんて人はいませんよね?

  • エンジンがかからない。
  • 車がなんかオカシイ。
  • 車を点検したら、バッテリーが寿命状態だった。

そのような状況だからこそバッテリーは売れるのであって、商品をじっくり探すという選択が除外されます。(そうやって時間制限を設けて30万円クラスの情報商材なども販売されます…。)

 

バッテリーのチェック方法ですが、自分の車に社外ナビが付いているようであれば、カーナビ自体に正確に各種センサーの入力状態を確認出来るモードがあります。テレビで例えると、「現在、外部入力でDVDデッキとハードディスクレコーダーが接続されてますよ」のような接続現状が確認できる画面です。

http://pioneer.jp より カーナビゲーションの接続状態の例

車のエンジンが掛かっていない状態で、バッテリーの電圧が12Vを下回っているようであれば交換オススメします。11.4Vぐらいになると、もはや始動困難な状態だと思います。添付画像の10.6Vのバッテリーは、お亡くなり状態を示している事になります。これでボンネットを開けずにバッテリーチェックが出来ました。「ためになったねぇ~ ^^」

さて、本題の【アマゾン輸出を行うメリットと顧客目線とは?】から話がそれたので戻しましょう。

 

売り手だからこそ分かるFBAの特性

特にFBAに納品して販売をしていると返品が多い事に驚かされます。明らかに購入された商品が間違えた使われ方で商品が破損してても、【商品が初期不良だった。】という名目で送り返されて来ます。アマゾン側へアピールしてもほぼ却下。何とも虚しいものです。

が!

買い手の立場とすると、「こんなワガママでも受け入れられるんだ!」という事が理解出来ます。ちょっと試してみたいような商品であれば、FBAであれば結構簡単な理由で返品出来る事が自ずと分かります。自分がFBAで商品を販売するようになってから、FBAでの買い物が増えたような気がします。(同時にワガママ返品も!?)

amazonで販売活動を行うという事は、無在庫販売であれFBA有在庫販売であれライバルセラーを分析する事になります。自分が買い手にまわった時、当然良いセラーや良い商品やブランドについても把握できる事が可能になり、良い買い物が出来るようになります。

 

現在アマゾン輸出やせどりを検討中で情報収集しているようであれば、1つ確実に言える事は【アマゾンで販売者としての販売活動をする事で、優れた購入者になることが出来る!】ということです。(** 販売活動をしても、商品売れずにお困りでしたら当ブログの顧問サービスをご検討くださいませ。)

 

顧客目線を養い、コンバージョン率アップを!

先日、アマゾンポイントが溜まっていたので、アマゾンでアパレル関係の買い物をしました。ポイント払いだから現金やクレジットカードの手持ちが減らないとは言え、しょうも無い物はしたくありません。結構しっかり選んでしまいました。

まず、写真を見て画像が拡大出来るかどうかチェックし、拡大出来るようであれば詳細部分までチェック。レビュー内容も確認し、古いレビューや新しいレビューまでポジティブな表現が含まれているか確認します。そのブランドの派生商品も確認して、全体的に高レビューが入っているかチェックしました。そして、品質を確信し、購入に至りました。

売る側の都合だけだと「写真はこんな感じでいいか。」や「商品説明もこんなもんで良いでしょ!」と、ついついある程度の所で満足してしまう事もあるかと思います。しかし、どんどん新作や新しいビジネスを手掛けていくよりも、現存プロダクトのコンバージョン率を上げていく方が圧倒的に少ない手間で費用対効果が高いです。

 

今日、または明日amazonで買い物をするようであれば、

“””何故その商品を購入したのか?”””

  1. 見つけた経緯
  2. クリックした経緯
  3. 購入に至った経緯

までを1度見直したり書き出す事をオススメします。

 

最後に名言をどうぞ

二人のろうそく職人がいたとします。
一人が言います。「私のろうそくは最高級のろうと最上の芯を使用しています!」
もう一人が言います。「このろうそくは祈祷用のろうそくです。お祈りをする時にこのろうそくを灯してください。」

数十人の人が最初のろうそくを買うでしょう。
しかし、数百万人の人は二番目のろうそくを買うでしょう。

by  デレク・シヴァーズ

アメリカのミュージシャン、起業家

http://sivers.org/candles

あなたが商品購入至った一言を見極め、自分のamazonプロダクトに反映させることで売上げは大きく変わるかもしれません。

 

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です