【amazon輸出】ゴールデンウィーク期間中だからできること!

ゴールデンウィークだからできる、アマゾン輸出のリサーチ方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ゴールデンウィーク期間中だからできること!

皆さんゴールデンウィークはどのようにお過ごしですか?一応、私も出掛けて来ました。そんなに遠くでは無いのですが日本にある世界遺産です。

「ゴールデンウィークだし、きっと日本人でいっぱいかな?」と思ったらそんな事は無く。日本人と外人さん50/50ぐらいの様子です。特に近辺の宿では、看板をアルファベットで見やすいように書かれている様子が目につきました。(10年ほど前にも行った事はあるのですが、そんなアルファベットの看板は無かったはず。。)日本の観光地が世界遺産になると凄いですね!

改めてインバウンドという言葉を身を持って実感しました。

本題に入りまっせ!

さて、特に無在庫販売をメインでやっているような方だと、amazon.co.jpからの仕入れではなかなか利益の取れるような商品が無いので、楽天やyahooショップ、その他ゲームメーカーやアニメメーカーのオリジナルネットショップなどを仕入れ先として特殊商品を調達し、利益が取れるようにしているパターンも多々あるかと思います。

が。そのようなオリジナル商品を扱っているネットショップはアマゾンとは違い、ゴールデンウィークは休みの場合が多かったりします。当然、仕入れをすることが出来ず、無在庫セラーも海外のアマゾンを休店するしかありません。

アマゾンを休店してもFBA商品は販売されている

自分のアマゾンアカウントを休店といっても、全ての販売活動が中止される訳ではありません。セラー自身が出荷を対応する商品は取り下げられますが、海外のFBAに納品されている商品は休店設定をしても販売活動が続けられています。(出荷・返品・カスタマーサポート。全てアマゾン側が行うので。)

私達は1つのアカウントで無在庫と有在庫であるFBAでの混合販売は推奨していませんが、無在庫販売セラーの中には1つのアカウントで無在庫販売とFBA販売を行っているセラーがいます。特に無在庫販売で評価を伸ばしているようなセラーは、販売を重ねることで海外アマゾンでの売れ筋商品も分かって来るので、売れ筋商品を有在庫に切り替えアマゾンに納品している場合が多々あります。

この機会を逃さないように

無在庫 + 有在庫(FBA)混合仕様で60000商品を販売しているセラーを分析する場合、どんな商品をFBAに納品しているかシステムを使わず60000商品から有在庫の商品を人の目でチェックするのは大変困難なことです。

しかし、そのセラーがアマゾンのバケーションセッティングをONにすれば、FBA納品されている商品のみが確認できます。つまり、いつも60000商品並べられている状態から ⇒ FBAのみの38商品程度になっていたりします。これが現在よく売れる商品になります。

このような商品をディスカウントストアなどで日本のアマゾンよりやすく仕入れて海外のアマゾンに納品してしまえば、利益は取れるしアマゾン輸出初心者でも売れ筋商品が把握出来ます。

 

心踊るゴールデンウィークですが

大量の商品を出品していて気になるセラーがいたら

ぜひチェックしてみてください!

もちろん休みも大事です!!

今年も1/3が終わりましたが張り切って行きましょうーー

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です