【Amazon輸出】Paypalから($→¥) vs ワールドファーストから($→¥)どっちがお得!?

ワールドファースト手数料比較

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

Paypal($→¥) vs ワールドファースト($→¥)どっちがお得!?

既にebayやアマゾン輸出を始めて数か月以上経っている方であれば気になるであろう最近の円高。1ドル/110円台であればニコニコ通常運転ですが、1ドル/108円を割ると『おや!?』っと思い、105円を下回ると『まじかー‼』って思うのではないでしょうか?

特にebay輸出をしていてpaypal残高をチェックしている人は、円換算額が表示されるのできっと為替の影響がダイレクトに気になるはず。危ないのはアマゾン輸出のみの取り引きを行っていて、在庫チェックのみを行っているセラーさんです。

『お!最近結構売れるようになって来たな^^』と思ったところで、利益の出ないボランティア販売をしていたり赤字では意味がありません。”悪い意味”で最安値を付けていないか気を付けましょう。amazonで価格改定をしないままの出品は自爆行為です。

前置き長くなりましたが【paypalからそのまま$→円を出金する】か、【paypal →$→ ワールドファース ト→ 円 → 日本の銀行】と出金した場合で最終的に手元に入る円にどのような変化があるか見てみましょう。

 

換算レート確認!

まずはペイパル。通貨換算で1000ドルの日本円換算額を確認します。(注:だいぶ前に書こうと思った記事なので為替が107円台です。)

ペイパル手数料

ペイパルはリアルタイムの為替より$2.5程度不利なんですよねー。悲しッ。

次はワールドファースト。

ワールドファースト手数料

結果発表!

paypalから$→円 $1000 >> 107,228円

paypal →$→ ワールドファース ト→ 円 $1000 >> 107,768円

※ もちろん、2つの換算額チェックは同日に行っています。

 

やったぜ!ワールドファースト経由で500円アップだぜ!

ワールドファースト経由でのドル出金最高だぜ‼

と思ったのも束の間。着金した楽天銀行の履歴を見ると何故か着金額が少ない…。

楽天手数料

手数料2,000円・・・だと!?

 

まとめ

$5000オーバーの金額でないとワールドファーストによる為替メリットは受けられない。

また、paypalから日本の銀行への出金の場合、大体2日程度で送金は完了しますが、ワールドファーストを介すると【ペイパルからワールドファースト(2日)→ワールドファーストから日本の銀行(2日)】程度で出金時間が多く発生してしまいます。資金をギリギリで回している人はヒヤヒヤするかもしれないので、paypalから円への出金が良いかもしれません。

あと、もう1つの問題は手間。paypalであれば予め登録しておいた日本の銀行を指定して出金すれば良いだけです。しかし、paypal→ワールドファースト→楽天銀行となると手間が倍になります。尚且つ、楽天銀行の場合は日本口座へ外貨の着金時に確認作業(ログイン+クリック)が必要になります。組織でもお金を操作出来る人は限られていると思うので、ワールドファーストを介したドル→円換算は1度試していただき、自分の売上げ範囲で為替差がメリットとなるか手間となるか試してから判断してください。

さいごに

皆さんpaypalアカウントは持っていますか?

『アマゾン輸出オンリーだぜ!FBA最高だぜ!』という方も、中国でのoem開発や試作品・サンプル品の支払いなどにpaypal払いはとても役立ちます。これから輸出ビジネスを始めようとしている方でもpaypalアカウントは持つようにしてください。

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です