【Amazon輸出】オリジナル・OEM商品があれば、ずっと安泰?

中国OEMでよくあるトラブル

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

オリジナル・OEM商品があれば、ずっと安泰?

国内でのamazon販売、特に中国でのoem製造をメインとしている方であれば、結構少ない商品ラインナップで売上げを立てれているはずです。(SEOとか販促対策が上手くいっている場合。)

しかし、その商品が中国生産の場合。なおかつ、1つの工場で複数の製品を生産依頼している場合は要注意が必要です。なぜなら…

その工場が潰れるかもしれないから。

アリババで商品を検索すると、貿易保証やゴールドサプライヤーなど販売元のアピール項目を見ることが出来ます。ebayで言うと、パワーセラーやトップレーテッドセラーの優良セラーですよ!という意味合いになりますが、中国の場合はちょっと異なった解釈も必要です。アリババ 輸入

中国企業の倒産リスクはわりと高い!?

特に私の場合はこのアリババの項目、【◯年間潰れずに経営してますよ。】という意味でとらえています。「そんなこと当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが、結構中国企業の倒産率は高めです。年間200-250万の会社が登場し、年間70万社前後倒産しているというデータもあります。

そのため、日本企業でも中国に部品製造を依頼していたところ中国企業が倒産し、部品供給が滞って自社の生産が止まるという事は多々あることです。(そのため現地に日本人を出向させる企業が多いのも事実。)

いつまでも、あると思うな 中国工場。

by YOKO

 

1度中国と交渉した経験がある方なら分かると思いますが、中国相手の取引は本当にクセあります。しかし、結局は人と人なので、日本人バイヤーとやりやすいように進めてくれる企業(正確にはバイヤー対応者)もいます。そのような所に当たると取り引きもスムーズに進み、何でもその企業にお願いしたくなりますが、一点集中は調達先リスクが増加する事を頭に入れておきましょう。

 

データと既存品のバックアップをしておくこと

もちろん、パッケージデザインやロゴのデータもしっかり管理しておき、もしも製造先が倒産したらすぐに別の工場に渡せる体制をとっておく事は重要です。

その中で1番確実なのは、現在の販売品を2-3個保有しておくということ。もしも現在の工場がボツになった時、現物の写真を転送し、正式にオーダーがかけれそうであれば現物を製造先に転送する方法が一番早く話が進みます。

もちろん、相手はクセのある中国企業なので、新規の生産依頼が上手くいかず「送ったサンプル返してくれ!」と言ったところで、厳重な梱包で元通りのコンディションで帰って来る保証はありません。そのための現物を2-3個確保です。

 

さいごに

無在庫やFBA販売は、仕入れ先の提示額が高かったり、あまりメリット無い条件であれば仕入れ先を替えて、あとはamazonのアカウントヘルスに気を配るだけです。しかし、オリジナル商品やOEM商品の場合は必然的に仕入れ先が1か所になるため、商品の調達が滞るとアカウント停止なみのダメージを負うこと把握しておきましょう。

どのようなビジネスモデルでも1つの事を深めていく事は重要です。しかし、ある程度の結果が出たら、現在安定して確保出来ている利益だけで安心せず、別のビジネスモデルを構築しておく事が重要です。

次は、意外な理由で中国工場の生産能力が低下する理由を書いていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

YOKO
ブログを書きながらポチポチフォトショップやイラストレーターをいじっている人。何故かECプラットホームの抜け穴を見つけるのが得意。商工会議所や銀行、ジェトロなどの情報商材以外のセミナーで仕入れた内容も発信していく予定です。

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です